プログラミング備忘録

プログラミングメモ

Docker React Ruby・Rails

Rails × React × Docker の環境構築

Rails React Docker

今回はDockerで「Rails6 × Docker」の環境構築の方法について解説します。

DockerでRailsの環境構築

まずはDockerでRailsの環境構築をします。

以下のページを参考に環境を構築してください。

【Docker】Rails6 × MySQL8で環境構築 Windows版

 

react-railsをGemfileに追加


gem 'react-rails'

Gemfileに「react-rails」を追加してください。

 

docker-compose build


docker-compose build

Gemfileを変更したので、「docker-compose build」を実行してください。

 

webpackerのインストール


docker-compose run web rails webpacker:install

webpackerをインストールしてください。

 

Reactのインストール


docker-compose run web rails webpacker:install:react

Reactをインストールをしてください。

 

react-railsの初期設定


docker-compose run web rails generate react:install

react-railsの初期設定をしてください。

 

Rails × React の環境構築完了

これで「Rails × React」の環境構築の完成です。

Railsでバックエンド、Reactでフロントエンドを開発できるので、より自由度の高いアプリを作れるようになると思います。
機会があれば、ぜひ参考にしてみてください。

 

以上です。ありがとうございました。

 

-Docker, React, Ruby・Rails

Copyright© プログラミングメモ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.