プログラミング備忘録

プログラミングメモ

Git・GitHub

GitHubの新規リポジトリの作成方法

新規リポジトリ

今回は「GitHubの新規リポジトリの作成方法」について解説します。

ブラウザからリポジトリを作成

ブラウザ New

GitHubのリポジトリのページで「New」ボタンを押して、新規リポジトリを作成します。

 

新規リポジトリの設定

repository setting

  • 新規リポジトリの名前を決める
  • リポジトリの公開・非公開を決める

 

Quick setupのページはそのまま

Quick setup

リポジトリを作成すると上記のような「Quick setup」のページになるので、ブラウザはこの状態にしといてください。
ほとんどこの手順に従って、操作していきます。

 

gitに登録したいフォルダをターミナルで開く

ターミナル

登録したいフォルダをターミナルで開いてください。

 

git init


git init

 

 

git init」を実行してください。

 

git add


git add .

git add .」でフォルダ内のファイルをコミットする準備をします。

 

git commit


git commit -m "first commit"

git commit -m "first commit"」でファイルをコミットします。
コミットメッセージはご自由に決めてください。

 

git branch


git branch -M main

「git branch -M main」でブランチの作成をします。

 

git remote add origin

git remote add origin

上記の画像の赤線の部分をコピペしてターミナルで実行してください。

 

git push


git push -u origin main

git push -u origin main」でリモートリポジトリにプッシュしてください。

これでGitHubにプロジェクトが登録できます。

 

まとめ

今回は「GitHubの新規リポジトリの作成方法」について解説しました。
あくまで僕のやり方ですが、参考になれば幸いです。

 

以上です。ありがとうございました。

 

 

 

 

-Git・GitHub

Copyright© プログラミングメモ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.