プログラミング備忘録

プログラミングメモ

Ruby・Rails

Cloud9でRails6の環境構築の手順を分かりやすく説明

Cloud9でRails6

今回は「Cloud9でRails6の環境構築の手順」を説明します。

Cloud9でRails6を設定するのは少し手間がかかるので、手順を省かずに分かりやすく説明します。

 

環境を作る

cloud9-create-environment

cloud9のダッシュボード画面

AWS Cloud9のダッシュボード画面で「Create environment」を押してください。

 

 

環境の名前を決める

cloud9の環境の名前

環境の名前の参考画像

Name」のところに環境の名前を記入してください。

Description」は説明です。ここは任意なので、説明を書きたい方は書いてください。特に必要ない方は未記入で構いません。

 

 

環境の設定を決める

Cloud9の環境の設定

環境設定の参考画像

環境の設定を上記の画像のように設定してください。

Environment type」は「Create a new EC2 instance for environment 」にしてください。

Instance type」は「t2.micro」にしてください。
※無料枠で利用している方は、こちらを選ぶことで無料で利用することができます。

Platform」は「Ubuntu Server」にしてください。

 ※「Cloud9 Amazon LinuxにはRails6の環境構築はSQLite3のバージョンの縛りがあり、できません。2019.9現在」¹

設定が終われば、「Next step」を押してください

 

 

設定の確認をする

再確認

設定の再確認画面

環境の名前と設定に誤りがなければ、「Create environment」を押してください。

 

 

Rubyのインストール

rubyのインストール

rubyのインストールの参考画像


rvm install 2.7.2

 

先ほど作成した環境を開き、Rubyのバージョンのインストールをしてください

Rubyのバージョンは今回は「2.7.2」にしています。バージョンは任意の物で構いませんが、「2.5」以上にしてください。

「Rails 6を動かすには、Ruby 2.5以上が必要になります。」²

 

 

Rubyのバージョンのデフォルト設定

rubyのデフォルト

デフォルト設定の参考画像


rvm --default use 2.7.2

 

Rubyのバージョンのデフォルト設定をしてください。

 

 

Rubyの設定の確認

rvm list

Rubyの確認の参考画像


rvm list

Rubyのバージョンの確認

コマンドを実行して、上記の画像のようになっていれば問題はありません。

インストールしたRubyのバージョンに「=*」が左についていればOKです。

 

 

Rails6のインストール

railsの設定

Railsのインストールの参考画像


gem install rails -v 6.1.0 -N

ここでRails6のインストールをします。今回のバージョンは「6.1.0」にしています。

 

 

Railsのバージョンの確認

rails -v

Railsのバージョンの再確認の参考画像


rails -v

 

Railsが正しくインストールできているか、確認してください。
上記の画像のように表示されていれば問題ありません。

 

 

Railsアプリケーションの作成

Railsアプリケーション作成

Railsのアプリケーション作成の参考画像


rails new app_name

 

「rails new」でアプリケーションを作成してください。

アプリケーションの名前は任意のもので構いません。今回は「app_name」にしています。

 

 

作成したアプリケーションのディレクトリに移動

ディレクトリの移動

ディレクトリ移動の参考画像


cd app_name/

先ほど作ったアプリケーションのディレクトリに移動してください。

 

 

Yarnのダウンロード

Yarnのダウンロード

Yarnのダウンロードの参考画像


source <(curl -sL https://cdn.learnenough.com/yarn_install)

 

Yarnのダウンロードをしてください。

 

 

 

Yarnのインストール

Yarnのインストール

Yarnのインストールの参考画像


yarn install --check-files

 

Yarnのインストールをしてください。

 

 

Webpackerのインストール

webpeckerのインストール

Webpeckerのインストールの参考画像


rails webpacker:install

 

Webpakkerのインストールをしてください。

 

 

Blocked host エラーの対処

rails s」を実行してください。

下記のようなエラーが出ると思います。

このエラーを解決するために以下のファイルを編集してください。

config/environments/development.rb


Rails.application.configure do

#省略

  config.hosts << 'エラー画像の黒で塗りつぶしている値'

end

※シングルクォーテーションの中に値をコピペしてください

 

 

rails s でYou're on Rails!が表示されていればOK


rails s

サーバーを起動して、正しく起動できていれば、rails6の環境の完成です。

 

 

参考

¹「Rails6-環境構築をなるべくわかりやすく説明-Cloud9にて」(2020/01/15)

²「Ruby on Rails 6の主要な新機能・機能追加・変更点」(2020/01/15)

-Ruby・Rails

Copyright© プログラミングメモ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.